二十四節気 啓蟄(けいちつ)

3/5頃から啓蟄(けいちつ)と呼ばれてます。
土壌の温度も上がってきて、土の中の虫が動き出す頃です。
冬の間は身体全体が密封状態。春は上に外にと伸びやかに解放させることが大事です。
こもりがちな体内をデトックスするには苦味のものが大事!
~ふきのとう・たらの芽・ウド・せり・ヨモギ・菜の花・あぶら菜
アスパラガス・・・・
春は少しずつ寝坊がちだった方は早めに起きて太陽を浴びると一日快適に身体が動きやすくなるでしょう!
季節の食材
落花生・レバー・卵・カリフラワー・セリ・玉葱・もやし・生姜
ひとりひとりがその人らしく快適に生きる毎日を得るために季節と食はとても重要です。

関連記事

  1. 二十四節気 立冬(りっとう)

  2. 二十四節気 夏至(げし)

  3. 二十四節気 寒露(かんろ)

  4. 二十四節気 立夏(りっか)

  5. 季節の話

  6. 二十四節気の最初の節気