二十四節気 寒露(かんろ)

10/8頃から寒露(かんろ)です。暑さと寒さの移り変わりの季節です。私達も冬に向けて陰を補うことが大事です。
 
<食べる陰>
黒米・小麦・長芋・黒豆・アスパラガス・エリンギ・人参・ほうれん草・黒胡麻・イカ・牡蠣・カニ・ブリ・ホタテ・豚肉・鶏卵・チーズ・ヨーグル…
 
<日常生活での陰>
睡眠・夕方以降休息すること・ストレッチやヨガなど調整運動・マッサージや瞑想・穏やかに過ごすこと・リラックス…
 
乾燥や風邪が肺を傷つけると言われています。喉の渇き・鼻の乾燥・皮膚の乾燥などには気を付けましょう。
 
寒露の食材
 
里芋・銀杏・胡麻・豚肉・きのこ類・椎茸‥
 
ひとりひとりがその人らしく生きる毎日を得るために季節と食はとても重要です。

関連記事

  1. 小雪(ショウセツ)について

  2. 二十四節気 大暑(たいしょ)

  3. 二十四節気 清明(せいめい)

  4. 二十四節気 雨水(うすい)

  5. 二十四節気 立秋(りっしゅう)

  6. 二十四節気 啓蟄(けいちつ)