二十四節気 白露(はくろ)

9/7頃から白露(はくろ)です。夏の盛りが過ぎ、昼夜の気温の差が大きくなります。秋の前半はまだまだ暑熱が残ってるので身体を冷やしながら潤いを与えます。
秋の養う臓器は肺です。
 
風邪を引きやすい
気管支が弱い
肌が乾燥しやすい
便秘や下痢しやすい
 
上記症状全て肺を助けてあげることで予防できるのです。
 
秋の色は白です。白い食材を沢山摂って秋の薬膳しましょう!
 
白露の食材
豆腐・落花生・卵・れんこん・しめじ・銀杏・秋刀魚・いわし・あじ・梨・ぶどう・いちじく
 
ひとりひとりがその人らしく生きる毎日を得るために季節と食はとても
重要です。

関連記事

  1. 二十四節気 小暑(しょうしょ)

  2. 二十四節気 大暑(たいしょ)

  3. 二十四節気 立冬(りっとう)

  4. 二十四節気 芒種(ぼうしゅ)

  5. 明けましておめでとうございます

  6. 二十四節気 夏至(げし)