二十四節気 大暑(たいしょ)

7/23頃から大暑(たいしょ)です。梅雨明けの時期で夏の土用もこの頃です。夏は万物(全てもの形あるもの)にとって成長する季節です。うだるような暑さや急激に大気が不安定になり集中豪雨になる時もあります。人の身体中も自然界と同様に急激に変調をきたすことがあります。
また炎熱の環境によって、身体の水分が消耗し、枯渇・
多飲・多汗などの症状が出やすくなります。この時期は
「暑邪」は厳しいので「気」の消耗も激しくなります。
特に高齢者や体力ない人は熱中症になりやすいので充分気を付けましょう!
 
・適度な運動は気を補います
・睡眠の確保は陽気(日中元気で過ごせるエネルギー)を養います。
・食事でも気を補えます(穀物類・芋類・豆類‥)
 
大暑の食事
緑豆・スイカ・豚肉・きゅうり・冬瓜・トマト・苦瓜・茗荷
生姜・キャベツ・山芋・にんにく
 
ひとりひとりがその人らしく生きる毎日を得るために季節と食はとても重要です。

関連記事

  1. 二十四節気 穀雨(こくう)

  2. 二十四節気 清明(せいめい)

  3. 季節の話

  4. 小雪(ショウセツ)について

  5. 二十四節気 芒種(ぼうしゅ)

  6. 二十四節気 雨水(うすい)