二十四節気 小満(しょうまん)

5/21頃から小満(しょうまん)を迎えます。
この時期は大麦、冬まき小麦などの作物が実を結び、ホッと一息する頃です。湿気と暑さが加わり始め重だるさによる関節痛や胃腸の不調、精神や情緒の乱れが出てくることも多いです。
脳内物質のセロトニンの分泌が悪いと気分の浮き沈みが激しくなります。
実はセロトニンの材料になるのが、食べ物に含まれる「トリプトファン」です。トリプトファンは肉・魚、豆類、卵、乳製品など幅広い食材に含まれます。
大事なのはトリプトファンからセロトニンを生成するには炭水化物(穀物など)ビタミン類の栄養も必要です。
春疲れによる心と身体の疲れはバランスの良い食事が重要です。
 
小満の食材
じゃが芋・豚肉・鶏肉・トマト・きゅうり・いんげん・小松菜・紫蘇・梅・枇杷・レモン・海藻類‥
 
ひとりひとりがその人らしく快適に生きる毎日を得るために季節と食はとても重要です。

関連記事

  1. 二十四節気 啓蟄(けいちつ)

  2. 二十四節気 小暑(しょうしょ)

  3. 二十四節気 雨水(うすい)

  4. 二十四節気 大暑(たいしょ)

  5. 季節の話

  6. 明けましておめでとうございます